概要

建築計画

本風洞は1971年に故木村秀政日本大学名誉教授を中心とした風洞計画委員会によって計画・設計が行われ,1975年5月に完成した.

summary_img1.jpg

低速風洞

低速風洞は,乱流境界層や伴流といった流体力学の基礎研究,航空機や車両の空力的特性,建築構造物に働く風力,そして疑似自然風の中におかれた建築模型の環境風に関する問題など,航空関係およびそれ以外の広い範囲にわたる研究を行うために1975年5月に設置された. 施設は学内の教員,大学院生および学部生の研究のみならず学外からの受託研究にも使用されている.

  • 構造は水平閉鎖回流型(ゲッチンゲン型)で,測定部の断面は2m×2mである.
  • 研究の目的により固定壁,半固定壁および自由壁の3つのタイプの測定部が利用できる.
  • 半固定壁は,壁との干渉を減らすために隙間壁が使用されており大きな模型の実験に適している.
  • 風速は0m/sから50m/sまで変えられる.
  • 乱れの強さは,風速50m/sで0.1%以下である.この低い乱れのレベルにより,遷移現象の研究にも使用できる.

summary_img2[1].jpg

 

 

三次元煙風洞

物体のまわりの流れを知る方法に煙による可視化法がある. 
風洞の測定部の寸法は,W 300mm X H 600mm X L 1400mmである. 

summary_img3.jpgsummary_img3_1.jpg

 

煙の可視化を行っている写真は角柱のまわりの流れを写した(写真A・B)ものであるが,下流にある観測窓からも撮影が可能で翼端渦の実験(写真C)等の三次元まわりの流れに供される. また,この観測窓を外すと普通風洞としても利用できるように作られている. この場合の最大風速は15m/sである. 模型に作用する空気力を測定できる小型3分力天秤を有する. 

summary_img3_3.png

(写真A)

summary_img3_4.jpg

(写真B)

summary_img3_2.jpg

(写真C)

 

 

銘板

船橋キャンパスにある理工学研究所の大型低速風洞は,昭和40年代に流体力学(乱流)の権威である東京大学の谷一郎先生を本学に招聘するにあたり,「日大には風洞がないですね」との谷先生のまさに鶴の一声により,急遽,機械工学科木村秀政先生(当時第6代理工学部長)を中心として風洞建設委員会が昭和46年に発足して建設された経緯がある.風洞実験棟の実験室内に入って周囲を見渡すと,2階制御室の窓の下に「日本大学理工学部大型低速風洞」と書かれた金属製の銘板を目にすることができる.この銘板は業者によるものではなく,木村秀政先生の直筆文字と生産工学部の冶金設備により製作されたものである.この銘板は,力強い文字でありながらプレートの枠内に整って納められ,とてもバランスよく書されている.木村秀政先生がとても達筆でおられたことがよくわかるとともに,風洞への情熱を込めた入魂の一筆であることがみてとれる.この銘板は2枚製作され,もう1枚は現在のエントランスがある平屋部分が増築される前に風洞実験棟入口に設置されていたものであるが,現在は外され保管されている.この銘板は永きに渡り朽ち果てずに残る木村秀政先生の思いが込められたサインであり,メッセージでもあり,そして理工学部の沿革を知る上でのお宝である.是非一度,船橋キャンパスにお越しの際には直接ご覧いただきたい.

meiban.jpg

機械工学科 鈴木康方 著
日本大学理工学部 科学技術史料センター(CST MUSEUM) 会報12号 平成27年11月